]

※すぐに解決!水漏れトラブルならこちら【水漏れ業者ナビ】

自分でもできる!?水漏れ修理方法

自分でもできる!?水漏れ修理方法

まずはオーバーフロー管から水漏れする場合の、自分でもできる簡単な修理方法をご紹介しましょう。

 

ちなみにオーバーフロー管は、タンクの水が給水の故障などで止まらなくなってしまっても、タンクの外へあふれないよう便器に水を流すための管。

 

ここから水が流れている場合は、まず給水を止めます。

 

そして浮き球棒のネジがゆるんでいないかを確認します。

 

ここがゆるんでいると浮き球がオーバーフロー管より上に行ってしまい、水が止まらずにオーバーフロー管から便器へ水が流れてしまいます。

 

またネジをしっかり締めても水が漏れる場合は、浮き球棒をほんの少し下へ向けて曲げてみてください。

 

とはいえこれば応急処置。

 

原因はボールタップ弁(タンクへ入る水を調整する弁のこと)の汚れや異物、パッキンの破損などが考えられますので、この場合はボールタップ弁の清掃、それにパッキンの交換が必要になります。

 

次に浮きゴムの部分から水漏れする場合。

 

浮きゴム(ゴムフロート)とは、トイレタンクの水を排水する排水口ふさぐゴム製のフタのことです。

 

水洗タンクの排水溝から便器へチョロチョロと水漏れしているのは、この浮きゴムがきちんと排水口をふさいでいないから。

 

ではなぜそうなってしまうかと言うと、例えば浮きゴムや排水口の汚れ、浮きゴムと排水口の間に異物が挟まっている、また浮きゴムが老化することで起こる変形などが考えられます。

 

まずはこの3つを点検してください。
もし老化している部品があった場合は、取り替えた方が良いでしょう。

 

たとえ少量といえど、常に水が流れている状態は便器のアカや黒筋の原因にもなりますし、なによりお水がもったいないですよね。

 

とは言え「自力での交換は難しい」と判断した場合は、業者さんへ依頼した方が無難です。

「ドボドボ」水漏れの場合

次にトイレタンクの水が大量に流れ出てしまっている場合。
これには

 

【1】水が止まらずにオーバーフロー管から流れている場合
【2】浮きゴムが排水口からはずれている場合

 

の2つの原因が考えられます。
まずオーバーフロー管から大量に水漏れしている場合は、「チョロチョロ」の時と同じように給水を止めます。

 

次に浮き球棒のネジ、または浮き球そのものがはずれていないかを確認します。
浮き球棒や浮き球がはずれていると、大量の水が便器に流れることになります。

この場合は、浮き球棒・浮き球を正常の位置に戻しましょう。

 

また浮きゴムが原因の場合、だいたいは浮きゴムまたはクサリがはずれているか、クサリが他の部分にからまっているのが理由のようです。
この場合もこれらを正常の位置に戻すことで流れ出る水を止めることができます。

 

さて、水漏れという緊急事態が発生した時、応急処置として有効なのは「給水を止めること」。

 

万が一の時に備え、事前に水道の元栓・メーターの場所を確認しておき、いつでもカバーが開けられるようにメーターの上や周りには物を置かないようにしましょう。

 

さらにトイレの水を止める場合は、まず給水配管や接続部に破損・サビ・ゆるみがないかを確認してから、作業をはじめるようにしてください。
これを怠ると思わぬトラブルが発生する場合もあり、「家中が水浸しだよ〜」なんてことにもなり兼ねません。

 

もし配管におかしな点が見られる場合はメーターの元栓を止め、それからトイレの水を止める作業に入ると安全にできます。

 

ただし今後のことも考えて、応急処置をした後はプロの業者さんにきちんと直してもらましょう。

 

 

スポンサードリンク


ホーム サイトマップ